この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

何を使ってどう集めるか

Facebookの活用

まずは、Facebookの最大の特徴である「実名登録」という点に注目してみましょう。
このことによるメリットとしては、反応率の高さ、そして企業にとって悪い炎上につながりづらいという点が挙げられます。
利用者も実名で投稿することとなるため、節度ある利用方法となるためです。

次に、その機能から考えるメリットについても、2つご紹介します。
1つ目は、投稿した情報が長時間タイムラインに残りやすく、企業が投稿した情報も他のものに埋もれにくいことです。
2つ目は、顧客と容易にコミュニケーションがとれることです。
アンケートをとることができる機能がついていたりと、市場調査にもつながるので、企業にとってはぜひ利用したいものだと思います。

twitterの活用

twitterの特徴と言えば、何と言ってもその拡散力ではないでしょうか。
新商品だけでなく、今まで注目されていなかった商品が、twitterによっていきなり人気に火が付く現象も多々あります。
ただこのメリットについては、あくまでも「いい意味でも、悪い意味でも」拡散力が高いといった条件がつくので、慎重な利用が求められるのも事実です。

もうひとつは、twitterの匿名性という背景によって、お客様とさらに気軽にコミュニケーションがとれるという点です。
ユーザーからの質問や要望をtwitterで受け付けるという利用方法も良いかと思います。
ユーザーサポートの役割を担うことで、企業の存在をより身近に感じてもらうことができます。


TOPへ